クーポン券 中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました!

中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカー商品別 EPA・DHA配合量比較

メーカー商品別EPA・DHA配合量比較

メーカーおよび商品名
EPA1日摂取量
DHA1日摂取量
1日量
価格
ライオンDHA・クロセチン+パームカロテン180粒 17mg300mg 6粒5086円(定期購入)
えがおのDHA・EPA 62粒 17.6mg202.4mg 2粒 1620円(定期購入)
やずやの青魚の知恵 62粒 41.6mg133mg2粒1800円(定期購入)
さくらの森 きなり 120粒
49mg450mg 4粒初回1980円
2回目以降3980円(定期購入
彩光 DHA+EPA 62粒66mg267mg2粒1000円
まるごと青魚 90粒90mg 120mg 3粒3150円
サントリーDHZ&EPA+セサミンEX 120粒100mg 300mg4粒4950円(定期購入)
味の素KK「DHA&EPA]120粒100mg300mg4粒 1846円(定期購入)
山田養蜂場のDHA+EPA 150粒 100mg400mg 5粒 2700円(定期購入)
大正DHA・EPA  150粒200mg400mg5粒3888円(定期購入)
持田製薬EPA 120粒300mg145mg4粒4320円(定期購入
FANCL EPA&DPA 150粒334mg 149mg5粒1296円
ナチュレDHA&EPA 60粒 360mg 240mg 2粒2916円(定期購入)
みやびのDHA・EPA・鮫肝油120粒400mg
260mg 4粒1620円(定期購入)
【毎月お届け定期】ラフィーネ-エバゴールド600
604.8mg168mg6粒6900円
日本水産「イマーク」100ml×20本 600mg 260mg 1本 6480円+送料
フローレンス生EPA+DHA 120粒 648mg 144mg 4粒2561円+送料



上記のように集計してみると一目瞭然にEPAが多く取れるサプリメントとDHAを主にしたサプリメントの区別がつきます。
あなたの身体には中性脂肪対策のEPAが多く必要なのかそれとも認知症予防を考えてDHAが多く必要なのかを考えたほうが良さそうですね。

それとこれまたサプリメントは継続が必要ですからそれを考えると十分に注意したいのですが価格です。

コストパフォーマンスを考えて製品を選ぶ必要があります。

1ヶ月分無料とか新聞広告や折込チラシなどで宣伝している有名なメーカーだからといったネームバリューだけで選ばない事にも気を付けたいです。
サプリメント代+コマーシャル代金をプラスされているかもしれませんから。

上記の比較表を参考にあなたの現実の体調に会ったサプリメントを有効利用してください。

中性脂肪値の改善ですか認知症予防ですか?

あなたのご健康をお祈りいたします

活き活きした毎日に、DHAとEPAは欠かせません。

スポンサーサイト

中性脂肪を減らすサプリメントが有るとしたら、あなたはどうしますか?

中性脂肪を減らす効果があるもの、それは毎日摂る規則正しい食事、そして継続した適度な運動です。

しかし、出来るだけ「継続した運動」と「考えた食事」を気をつけて行きたいと思っても忙しく毎日働く人にはけして簡単なことではないでしょう

そんな人にオススメなのがサプリメントです。

「中性脂肪をサプリメントで減らせるの?」

「だったら早く教えてよ~」

こんな声が聞こえてきそうですね。

エスキモー人には血栓症に掛かる人が少ないという話をしました、

この事に注目したデンマークのある研究所がエスキモーの人たちの血液と食生活の関係を調べ彼らの血液にはEPAとDHAが多い事が分かりました。

EPAは「多価不飽和脂肪酸」の一つで人間の身体で作ることのできない栄養素の為食品から摂取するしか方法はありません。

イワシやサンマ、サバのような青魚やマグロ等に多く含まれています。

脂肪酸には肉や乳製品などに含まれている動物性脂肪の「飽和脂肪酸」、オリーブオイル等食物性脂肪に多い「一価不飽和脂肪酸」が有ります。

動物性の飽和脂肪酸はエネルギーを作り出す重要な働きを持ちますが中性脂肪や悪玉コレステロールを増やすと共に動脈硬化等も引き起こします。

それに引き換え不飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを抑制する働きを持っています。

血液は血管内で固まってしまうと血栓と言うオデキのようなものを作り血液の流れが悪くなってしまいます。

脳に血栓が出来れば脳梗塞、脳卒中、心臓近くに出来れば心筋梗塞を引き起こします。

エスキモーの人に心筋梗塞などで死亡する人が少ないというのにはこのようなEPAを多く含んだ魚やアザラシの肉を食べているという秘密が有ったという事です。

このようなことからEPAは中性脂肪値が高い、いわゆる高脂血症の治療薬としても使われています。

このように中性脂肪に効果のあるEPAですが我々の食事からは青魚からしか摂取する事が出来ません。

でも、そうそう毎日青魚を食べる訳にもいかないですよね、そこでEPAをサプリメントからなら簡単に摂取できるという訳です。

EPAにはさらにアトピー性皮膚炎や花粉症気管支ぜんそく慢性関節炎などにも効果が有ると言われています。

さらに良い事にはEPAと同様に魚などに含まれるDHAと言う必須脂肪酸の一つで脳の栄養素と言われる成分が有ります。

人の脳にあるニューロンという神経細胞の突起先端にはこのDHAが含まれています。

このニューロンが幾つもつながって神経回路が作られ情報伝達が行われるのですが、DHAが不足すると情報の流れが悪くなり記憶能力や学習能力に影響が出ると言われています。

さらに、目の回復機能にも効果的で視神経の活性化をも促し視力改善作用が有ると言われています。

このように中性脂肪の悪い影響をなくし脳神経や視神経にも良い影響を及ぼしてくれるサプリメントは

EPAが沢山含まれているサプリメントです。

中性脂肪を減らす食事方法

毎日の食事から摂取する中性脂肪、運動不足やバランスの良くない食事によって貯め込まれた中性脂肪。

自分では全く気にも掛けずにいる内に蓄積され徐々に症状は進みある時命に関わる症状をまき起こす中性脂肪。

ウォーキング等の適度な運動を心掛けても今までの食生活がそのままでは改善の速度は鈍いと思われます。

そこで、今までの食生活を見直してバランスの良い、中性脂肪が貯まりにくい食事について見直してみましょう。

まず最初に考えられるのは中性脂肪の少ない食材を心掛けて取り入れると言う事です。

動物性脂肪を避け植物性脂肪に代えましょう。

砂糖などを含んだ甘い物を控えフルーツやお酒等の摂取にも注意を払う必要があります。

飲んだ後のラーメン等特に気を付けたいですね。

今までラーメンでスープを飲み干してはいけないと言われる理由が塩分の摂り過ぎにつながるとなると言われていましたが実はそれ以上に出汁を取るかつお節と煮干しの方がずっと怖いそうです。

中性脂肪の多い人は痛風の予備軍に入る可能性大ですが、かつお節と煮干それにイカこの3つはあまり知られていないようですが要注意の食品です。

暴飲暴食を避け食物繊維やビタミン、ミネラル等の多い海藻やキノコ類、さらに青魚類を多く摂取するように
心掛けたいものです。

北極グリーンランドに住むエスキモー人には心筋梗塞や脳梗塞で死亡する人が極端に少ないと言われています。

農作物が育たない極地で暮らすエスキモー人達の主食は魚類やアザラシの肉です。

彼らが毎日食べる魚類やアザラシの肉の脂には血液の流動性を多くするEPAやDHAが多い事が分かっています。

この為彼らには動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血栓症が少ないのだと言われています。

この事からも動物性の肉よりも魚を沢山食べるようにしたいものです。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。