クーポン券 - 中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました!

- 中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪を下げるには

中性脂肪は毎日の食事から体内に取り込んでいます。

ですから中性脂肪を下げるには食事を見直すか、運動をしてエネルギーを消費するしかありません。

ダイエットにも言える事ですが無理な食事制限をして体調を崩すより適度な運動をしてエネルギーを消費した方が良いという事です。

「運動をすれば中性脂肪を減らせるのは分かったけれど、改まって運動をする暇もお金も無いのだけれどどうしたらよいの」

こんな声が聞こえてきそうですが、何もジムへ行く等特別な事をする必要はありません。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて運動すればよいのです。

平たく言えば酸素を取り入れながら疲れない程度の運動を少し長く続けて行えばよいという事です。

さらに言えばウォーキングをすればよいという事です。

有酸素運動とは酸素を取り入れながらする運動のことで無酸素運動は酸素を取り込まず瞬発力で行う運動の事です。

有酸素運動に、適度な無酸素運動を取り入れる事で血管を強くし、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓ができるのを防ぐ効果があるとも言われています。

有酸素運動は1日30分程度を継続して行うとよいでしょう。

今までバスを利用して駅まで行っているなら歩いて行くようにしたらどうでしょう?
最寄駅の一駅前で降りて歩くと言う事も考えられますね。

時々、速足で歩いたり疲れない程度のジョギングをしたりして変化を持たせる事も大事ではないでしょうか。

通勤通学をしていない人でしたらご自宅で数を数えながらストレッチをしたりするのも良い方法だと思います。

数を声を出して数えることで有酸素運動になるからです。

身体が温まる位の運動をすると脂肪燃焼に効果的だと言えると思います。

どうして中性脂肪は増えてしまうのでしょうか

中性脂肪の数値が高いまま放置しているとどうなるのでしょうか

徐々にですが体にさまざまな変化をもたらします。

まずは血液に中性脂肪が溶け出し血液がドロドロになり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など命に直接かかわるリスクが高まってきます。

また肥満による内臓脂肪の増加によるメタボリックシンドロームの症状が進むと、肝硬変や肝臓がんなどの危険も考えられます。

それでは、中性脂肪はどのようにして増えて行くのでしょうか?

まず、中性脂肪は毎日の食事から体内に取り込まれるものですから食事に目を向ける必要があります。

多くの場合バランスの良い食事になっているかという点です。

動物性の肉ばかり食べて野菜不足になっていないか?

油分の多い外食(ラーメン、ハンバーガー等)になっていないか?

高コレステロールの卵料理や揚げ物等を多くなっていませんか?

魚料理を食べる機会が少なくなっていませんか?

中性脂肪を消費する運動をしていますか?

パソコン等の普及で動かずにデスクの前に座っているだけで仕事が出来るようになってきました。

営業職なら以前はお客さんのところに行って打ち合わせをしましたが今ではメールで挨拶も出来るし資料も送れます。
その分歩くと言うエネルギー消費の行動が少なくなってきました。

休日は家でゴロゴロしていませんか?

タバコを吸っていませんか?

謙煙運動の影響で愛煙家は大分少なくなりましたが喫煙は百害あって一利なしと言われています。

過度の飲酒を控えていますか?

適度のアルコールは薬になると言われていますが、過度になると中性脂肪の消費の邪魔をします。

アルコールの過度の摂取は肝臓に激務を強いることになるので肝機能の低下を招きます。

ストレスをため込んでいませんか?

中性脂肪とストレスは無関係のようですが自律神経やホルモンバランスなどの変化が中性脂肪の値を上昇させると言われています。


上記の事柄に思い当たることはありませんか?

適度な運動とバランスの良い食事が中性脂肪の値を上げない為に大きく影響しているという事ですね。

中性脂肪とは

会社の健康診断などで中性脂肪の値が高いから注意するようにと言われて初めて中性脂肪と言う名前を知ったと言う人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、今このページを読まれてるあなたもその一人かもしれませんね。

そのような人たちは「中性脂肪って何?」って感じではないでしょうか。

そんなあなたに中性脂肪とは何かをご説明していこうと思います。

中性脂肪とは、もともと人間が活動する上で大変重要で必要ないわゆる「脂肪」のことで、別名「トリグリセリド」と呼ばれています。

人間が食事をし、体内に取り込む脂肪のほとんどは中性脂肪で、飢餓や寒さなどから身を守るため一時的に体内にため込まれていきます。

運動をしたり食事が取れないとき等、その中性脂肪はエネルギーとして消費されますが、使われなかった中性脂肪はそのまま体内に蓄積されていくのです。


そのように人間の進化の過程で身についてきた身を守る能力も時代の変化によって徐々に変わりつつあるようです。

戦後の食生活やライフスタイルの変化によって仕事はデスクワークが中心になり歩き回ると言う事が減り、忙しくストレスの多い日常生活では食事は外食やインスタント食品などの加工食品を食べる事が多くなり体力より神経を使い果たすようになりました。

エネルギーの消費よりも蓄えられる量の方が多くなって来ている為中性脂肪過多の危険性の方が問題になってきています。

中性脂肪が多くなるといわゆる肥満状態になり生活習慣病に掛る可能性が高くなります。

メタボリックシンドロームという言葉がもてはやされましたが、肥満状態になると糖尿病、高血圧、脂肪肝、肝硬変と言った重大な病気を引き起こしさらには血液がドロドロになり脳梗塞や心筋梗塞と言った命に直接かかわる血管の病気に繋がっていきます。

それでは中性脂肪を減らすにはどのような方法が有るのでしょうか?

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 中性脂肪を下げ認知症予防にも良いEPA・DHA製品のメーカー別比較をしてみました! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。